「普段のお手入れなどはどうしたらいいの?」

   ~弊社の家具をご使用頂く上での注意点などをご説明させて頂きます~

【 家具を設置される場所(環境)について 】

 

弊社の家具は、基本的に「無垢の家具」になります。このため、どうしても環境の変化によって、若干ですが膨張・収縮を繰り返すことになります。

 

弊社の家具は、この「膨張・収縮」が起こっても、割れや反りなどの問題が生じないような構造を採用しております。

ただし、木である以上、自然の摂理の影響を排除することは出来ません。

このため、出来るだけ、家具にも優しい環境に設置頂く事をお薦め致します。

具体的には、

 

 1)直射日光が強く当たる場合、色があせたりする可能性が高まります。カーテン等を設置頂くことをお薦め致しま

   す。

 

 2)エアコンなどの風が直接当たらないようにして下さい。(極度に乾燥してしまう恐れがあります)

 

 3)床暖房は、あまり高温にならないように設定してください。特に日本に到着後、初めての冬に関しては気を付け

   てください。(2年目以降、家具が日本の気候に慣れてからであれば、それほど神経質になる必要はございませ

   ん。)

 

【 テーブルの扱い方について 】

 

弊社の標準製品は、「樹脂系の塗料」を使用しております。このため、基本的には水分などを木の中に浸透させることはありません。

もともと、「チーク材」の場合、木が油分を含んでおりますので、水などをはじく性質があります。(だからこそ、高級なヨットの甲板にはチークが使用されています。海水や雨などを物ともしないタフさをチークは持っております)

 

ですから、濡れたコップなどをテーブルの上にそのまま置いて頂いても、特に問題はございません。

ただし、塗装の上に「トップコート」(:これがツヤに当たります)という膜が張ってあります。

これがより水分などをシャットアウトする役割を果たしているのですが、濡れたままで長期間放置すると、やはり変質する恐れがございます。(輪ジミなどが生じる可能性が「ゼロ」とは言えません)

 

結論としては、「濡れたコップなどをそのまま置いて頂いても全く問題はありませんが、長時間放置することは避け、早めにタオルなどで拭いて頂く」ことをお薦め致します。

 

【 日常のお手入れについて 】

 

よく、「オイルなどを定期的に塗った方が良いですか?」というご質問を頂きます。上述した通り、弊社の標準製品は樹脂系の塗料を使用しておりますので、そのような家具用のオイル(家具磨き)を塗って頂いたとしても、木の中まで浸透する訳ではありません。ですから、「木を保護するために」そのようなオイルを塗って頂く必要はございません。

 

あくまで表面の汚れをふき取り、綺麗にするだけです。ただ、塗って頂くとしばらくはツヤが増すと思います。

一般的に、ツヤが増すと高級な家具のようなイメージになるかと思います。

お好みでご使用いただければ宜しいかと思います。

 

【 ビニールなどのカバーを掛けることについて 】

 

このご質問もよく頂きます。小さなお子様などがいらっしゃるご家庭では、せっかくの無垢のテーブルなので大切に使いたい・・・ということなのだと思います。

ただ、ビニールなどをかけてしまうと、木の呼吸を妨げてしまうことにもなります。

木が放出した水分が間にこもることにもなってしまい、最悪の場合、塗装の表面にビニールの跡などが付いてしまうことがございます。

ビニールなどは敷かず、そのままご利用頂く事をお薦め致します。

(使い込んで頂くほどにツヤも増してくると思います。経年変化を楽しんで頂く事こそ、無垢の家具をご利用頂く醍醐味だと個人的には思っております。ぜひそのままご利用下さい。)

                    〒231-0862

                    バリ島家具のラウンドワン

                    横浜市中区山手町272-1 横浜山手センチュリーマンション1F

                    TEL/FAX 045-306-5662 (土日、祭日 11~19時)

                    緊急連絡先 090-3099-1701 (平日・時間外)

                    http://www.round-one.jp       e-mail    info@round-one.jp