ストーンカービングです(2018年5月2日)

| コメント(0)


こんにちは!

オーダー家具、Asliのブログはそこそこ更新していたのですが、量産家具のラウンドワンのブログはしばらく更新しておりませんでした。

最近は定番家具よりもオーダーメイドが中心となっており、どうしてもラウンドワンに関する話題がありません。

そんな中で、本日は「異素材との組み合わせ」について記載してみたいと思います。


実は、鎌倉市のお客様からキャビネットのオーダーを頂き、只今、製作中なのですが、扉に「ストーンカービング」を取り付けたい・・・とのご要望があり、私が4月にバリに立ち寄る予定があるので、その際に適当な物を探し、メールでお送りさせて頂くお約束をさせて頂きました。


バラス石とガラス、チークを組み合わせたオープン棚は過去にも製作したことがあるのですが、扉に石をはめ込むのは初めてです。

あまり重すぎては、ヒンジにも負荷がかかってしまいます。

探してみて、なかなか適当な物が無い事を実感しました。

探している時に、ストーンカービングではありませんが、「サンドアート」というのを発見しました。

文字通り、砂を吹き付けたキャンバスに、絵を描いたものですが、独特な風合いがあり、なかなか面白い・・・と感じました。

最終的には、プルメリアをモチーフにした定番のデザインをお選び頂きました。

完成が非常に楽しみなキャビネットです。



バリ島家具のラウンドワン、ホームページ      www.round-one.jp

アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ www.asli.co.jp

アジアンオーダー家具のAsli、ブログ    www.asli.co.jp/asli/



キャビネット(ストーンレリーフ、上部扉オープン)-700.jpg

こちらがキャビネットのイメージです。(ストーンカービングは上下の扉にそれぞれ付きます)

IMG_1831-700.jpg

ロータスをイメージ(?)したストーンカービングです。

YAMA cabinet stone carving-700.jpg

最終的に選んで頂いたプルメリアのストーンカービングです。

IMG_1833-700.jpg

探している際に見つけた「サンドアート」です。

コメントする

このブログ記事について

このページは、バリ家具、アジアン家具、丸テーブルのラウンドワンが2018年5月 2日 09:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シャープなデザインのスクエアテーブルです(2018年3月23日)」です。

次のブログ記事は「スタイリッシュなデザインのラウンドテーブルです(2018年5月6日)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 5.2.10