複雑な木組みを利用したテーブルです(2018年1月8日)

| コメント(0)


新年あけましておめでとうございます。

今年は年明け後、初めての土曜日がコンテナの引き取りとなり、年初からバタバタしている状況です。

本日は、こちらのコンテナで入港となりました、「複雑な木組みを利用したダイニングテーブル」をご紹介させて頂きます。

脚部は3本の角材が直角にクロスするデザインとなっております。

普通、このようなデザインですと、中央でつないでいる・・・と思われがちですが、完全に3本の角材から構成されております。

一見するとシンプルなデザインですが、非常に複雑な"ほぞ"を利用し、木組みを行っております。

既成のテーブルとは異なるデザインをご希望でしたら、このような木組みのテーブルはいかがでしょうか?



バリ島家具のラウンドワン、ホームページ    www.round-one.jp

アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ www.asli.co.jp

アジアンオーダー家具のAsli、ブログ    www.asli.co.jp/asli/



P1060772-700.jpg

 直径120センチのラウンドテーブルです。

コメントする

このブログ記事について

このページは、バリ家具、アジアン家具、丸テーブルのラウンドワンが2018年1月 8日 15:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「格子の引き戸です(2017年12月14日)」です。

次のブログ記事は「直径90センチ、Rタイプのテーブルです(2018年1月24日) 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 5.2.10